胃腸科|寝屋川市の樋口クリニック 胃カメラ・胃炎・食道炎

TEL:0728207000

胃腸科

胃腸科では消化管とおなかの病気を主に扱っています

イメージ

胃腸科では主に口から肛門までの消化管(食道・胃・小腸・大腸)や肝臓、胆のう、すい臓などいわゆるおなかの病気を主に扱っています。おなかが痛くなる原因の病気には、胃や大腸がん、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、胆石、クローン病、潰瘍性大腸炎などがあります。 胃の痛み、もたれ、お腹の張り、腹痛などいつもと違う症状で「おかしいな?」と思ったら、お早めにご受診ください。もともと、胃腸の病気を抱えている方はもちろん、便秘などおなかの症状でお悩みの方は当院まで気軽にご相談ください。

クリニックでは内視鏡検査(胃カメラ)や超音波検査で小さな病変も見逃さず、早期発見・早期治療に努めてまいります。

こんな症状の時はご相談ください

胃腸の病気は初期症状がなく、進行が早い場合もありますので、このような症状の時はご相談ください。

  • お腹が痛い
  • 食べた後にげっぷがよくでる
  • のどに違和感がある
  • みぞおちの辺りが痛い
  • 便秘がある
  • 下痢が多い
  • お腹が張る
  • 飲み物がのどをとおりにくい
  • 背中が痛い
  • 便が細い
  • 便に血が混じっている

検査について

胃の内視鏡検査

胃の内視鏡検査をできるだけ苦しくないように、当院では鼻からの経鼻内視鏡検査や希望の方には静脈麻酔を使用した眠っているようなうとうとした状態での内視鏡検査が可能です。

胃カメラ検査の詳細はこちら

腹部超音波検査

腹部超音波検査

超音波検査では、体に表面から超音波をあてて、内臓や血管の状態などをみる検査でエコー検査とも呼ばれています。
麻酔などの必要もなく、またX線検査のように放射線被爆の心配がなく、苦痛のない安全な検査です。
局所や血流などを観察するのには非常に優れた検査で、当院では、肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓などの腹部臓器の診断に腹部超音波検査を行っています。

なお、検査ご希望の場合、予約不要で随時承っております。その際は、朝食は摂らず空腹でご来院ください。

胃腸科に関連する病気

逆流性食道炎、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がん、大腸がん、ピロリ菌感染症、感染性胃腸炎、機能性消化管障害、便秘症、過敏性腸症候群(IBS)、胆嚢炎、慢性膵炎、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎など

逆流性食道炎

逆流性食道炎は胃液や胃内で消化途中の食物が食道に逆流し、食道が炎症を起こしてびらん(粘膜のただれ)や潰瘍を生じる疾患です。食道がんのリスクが高まるとも言われます。胸やけや喉・口に酸味を感じるなどの症状を伴います。重度の場合、食道潰瘍と診断されます。逆流性食道炎は、症状が改善しても再発しやすく、自覚症状が無くなっても、普段から適度な運動や正しい姿勢、食生活などを心がけることが大切です。

胃炎

胃炎は、ストレスや暴飲暴食、ピロリ菌などによって胃の粘膜が傷つき、炎症を起こす病気です。特に、吐き気、嘔吐、腹部膨満感、みぞおちの痛み、胸やけなどが、1ヶ月以上にわたり繰り返される場合は、慢性胃炎が疑われますので、早めの診察をお勧めします。

胃・十二指腸潰瘍

ピロリ菌や消炎鎮痛剤などの薬剤、胃酸の分泌過剰などによって、胃や十二指腸の粘膜が傷つけられ、深い傷となった状態で、胸やけや空腹時に上腹部の痛みを伴うなどの症状が起こります。重症の場合は、背中の痛みとして自覚されることもあり、放置すると、吐血や腹膜炎の併発、胃の出口が狭くなり食事が通過しなくなることもありますので、早期の診療が必要です。 大抵は薬の服用などで治すことができますので、しっかりと治療することが大切です。また、主たる原因はピロリ菌の感染と考えられており、検査をして陽性であれば、除菌をお勧めします。

胃がん

胃がんは、日本人が最もかかりやすいがんの一つです。胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内の細胞が、何らかの原因でがん細胞に変化します。早期の胃がんは、それ自体による症状は無いため、多くは健診や人間ドックを受けた際に発見されます。早期がんはそれ自体に自覚症状がないため、毎年定期的に健診を受けることが、胃がんの早期発見に最も重要なことです。早期胃がんの予後はとても良く、完全にがんを切除できた場合、治癒率は9割を超えます。またピロリ菌は、胃がん発生の原因になることが判明しており、この菌が存在する場合は、胃がんリスクを減らすために、除菌治療が検討されます。

過敏性腸症候群

主にストレスから、腸が慢性的な機能異常を起こしている状態で、炎症や潰瘍などの器質的な病変を伴わない疾患です。下痢や便秘、腹痛、下腹部の張りなどの症状が起こります。原因は、不安、緊張、ストレス、疲労、暴飲暴食、アルコールの過剰摂取、不規則な生活習慣などです。治療は、食事療法や運動療法をはじめとする生活改善から始めますが、それでも十分な効果の得られない場合は、薬物療法が行われます。

胆嚢炎

胆嚢に発生する炎症で、急性胆嚢炎と慢性胆嚢炎があります。胆嚢炎は、胆石(胆汁中の成分が胆道内で固まったもの)が関係しているケースが多く、胆石で胆汁の流れが停滞した胆道に細菌が侵入し、胆嚢炎を引き起こします。主に上腹部の痛み、吐気、発熱などの症状を伴います。

慢性膵炎

膵臓に繰り返し発生した炎症により、細胞が破壊されて膵臓が萎縮していく病気で、腹痛や背中の痛み、吐気、嘔吐、腹部の張りなどの症状が起こります。要因は、飲酒・喫煙、暴飲暴食が多いと言われており、稀に消化酵素の遺伝子異常により発症する場合があります。

大腸ポリープ

大腸粘膜の表面からイボのように隆起した良性の突起物を大腸ポリープといいます。直腸とS状結腸と呼ばれる部分にできやすく、大きさは数ミリ~3センチ程度です。腫瘍性(腺腫)、炎症性、過形成性などいくつかの種類があり、癌化しやすいものと癌化しにくいものがあります。ポリープの症状としては、小さなポリープでは大部分が無症状ですが、大きなものでは便への血液の付着や便潜血が起こってきます。大腸がんの多くは、良性大腸ポリープ→早期大腸がん→進行大腸がんといった順序で進行していきますので注意が必要です。

大腸がん

大腸がんには、大きく分けて結腸がんと直腸がんの2種類があります。
盲腸からS状結腸までにできるがんを結腸がんと呼び、直腸から肛門までにできるがんを直腸がんと呼びます。どちらも腸の粘膜から発生する悪性の腫瘍です。また、大腸がんには隆起型と陥没型とがあり、通常、前者はゆっくりと進行するのに対し、後者は腸壁内層に食い込んでいきながら、極めて早く進行します。大腸がんのリスクが高くなる年齢は50代からで、60~70代でピークに至ります。
しかし、他のがんと同様に、大腸がんについても若年化が進んでおり、若いからまだ大丈夫といった油断は禁物なので、年代に関係無く、定期検診を受けることが大切です。

潰瘍性大腸炎

何らかの原因により大腸の粘膜などに炎症やただれ、潰瘍ができる病気で、治療が難しく厚労省の特定疾患の難病として認定されています。代表的な症状としては、血便・下痢・腹痛・発熱などがあります。進行すると、便に血の他に膿、粘液などが混じるようになり、頻繁に腹痛が起こり、貧血・高熱・吐き気・嘔吐などの全身症状に至ります。この病気は、10代後半から30代半ばの比較的若年層でかかることが多く、また症状は一時的に治ってもまた再発を繰り返すことが多く慢性的になるとつらい病気です。