循環器科|寝屋川市の樋口クリニック 狭心症 心不全 心筋梗塞 不整脈 高血圧

TEL:0728207000

循環器科

循環器科では心臓・血管に関わる病気を治療いたします

イメージ

循環器科は心臓病、高血圧、動脈硬化などの主に心臓や血管、血圧に関わる病気の診断・治療を行います。
対象となる疾患は、狭心症、心筋梗塞、不整脈、高血圧、心臓弁膜症、心筋症、閉塞性動脈硬化症など多岐にわたりますが、循環器疾患の予防に重要なのは生活習慣病などの慢性疾患の管理です。特に高血圧・糖尿病・高脂血症・喫煙習慣などの循環器疾患のリスクの高い人は、定期的な通院で生活習慣病をコントロールしながら合併症を予防することが大切です。
「胸が苦しくなる」「息切れがする」「動悸がする」「脈が乱れる」「足がむくむ」などの症状は原因が心臓にあることが多いと言われています。 気になる症状があれば、お気軽ご相談ください。

こんな症状の時はご相談ください。

  • 血圧が高い
  • 強い胸痛があった
  • 胸に締め付けられるような違和感を覚える
  • 歩行や運動時に胸が苦しくなり、休むと軽快する
  • 動悸がする(鼓動が速くなる・乱れる)
  • 脈が乱れる・飛ぶ
  • 息苦しくなる
  • 以前よりも運動時の息切れがひどくなった
  • 失神した(気を失った)
  • 心電図や胸部X線検査で異常を指摘された

検査について

心臓超音波検査(心エコー)

心臓超音波検査(心エコー)

超音波を心臓に当て、返ってくるエコー(反射波)を画像に映し出し、心臓の様子を見るのが心エコー検査です。心臓の大きさや動き、弁の状態などを観察して診断を行います。心筋梗塞や心肥大、心臓弁膜症などの疾患を確認することが出来ます。予約不要で随時承っています。

心電図検査

心電図検査

心筋内の電気的刺激の伝わり方と、その刺激によって心筋が収縮した際に生じる活動電位を測定し、波形としてあらわしたものです。心臓全体の働きを調べることができ、心臓病の発見や、病状の把握、治療効果の確認などが可能です。事前予約の上、ご来院ください。

ホルター心電図検査

ホルター心電図検査

小型の心電計を24時間身に付けることで、日常生活での心電図を記録し解析できます。不整脈や狭心症の診断が可能です。予約不要で随時承っています。

循環器に関連する病気

狭心症

心臓に血液を送る冠動脈が動脈硬化やけいれんのために細くなり、心筋への血流が悪くなり酸素供給が不足することで、締め付けられるような胸の痛みがおこります。発作は、数十秒から数分間続きますが、安静にしていると症状は治まることがあります。

心筋梗塞

突然おこる前胸部の激痛が典型的な症状です。冠動脈の内側がとても細くなり、そこでできた血栓や他の場所から運ばれてきた血栓が詰まった状態で、血液が流れなくなるために心筋細胞が壊死します。
命を落とす危険が高い怖い病気です。

不整脈

私達の心臓はほぼ一定の間隔で規則正しく拍動していますが、この規則性が乱れた状態を不整脈と呼んでいます。脈が速くなったり、遅くなったり、瞬間的に飛んだりします。動悸、息切れ、めまい、吐き気、胸が苦しいなどの症状が現れることもあります。

心不全

心臓が十分な量の血液を送り出せなくなる状態です。心不全がおこると、全身の血液のめぐりが悪くなるために腎臓で尿が作られにくくなります。手足や肺に水分が溜まるため、むくみや体重増加、息切れなどの症状が現れることもあります。

心臓弁膜症

心臓の弁が硬くなったり破れたりして、本来の役割を果たせなくなる状態です。血液がうまく流れなくなる狭窄と、血液が逆流する閉鎖不全があります。息切れ、疲れやすい、胸痛、呼吸困難、むくみなどの症状が現れることがあります。

動脈硬化

動脈の壁が厚くなったり硬くなったりして、弾力性や柔軟性を失い硬くもろくなっている状態です。
酸素や栄養が不足したり、高血圧のために血管に負担がかかったり、脂質が血管の内側にたまったりするためにおこります。血流が途絶えると心筋梗塞や脳梗塞の原因になります。